テーマ:

「親孝行できるかな?」 たかぎなおこ

昨日のJ2ジェフとセレッソは4-4の引き分けだったけど、 面白かった~!! 後半だけで8点、そのうち6点はラスト20分で入るという打ち合い。 しかもフォルラン、カカウの得点シーンはW杯みたい。 ライオンズ戦が中止になったから見てたけど、なんか得した気分でした♪ そのライオンズは今日も勝って連勝中。 今年はチームが落ち着い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はらぺこ万歳」 たかぎなおこ

美味しいものを食べることが嫌いな人はまずいない(^o^) 一応、食べ歩き記だけど、よくあるグルメ紀行のように 海外だったり高価だったり、超レアものばかりということはありません。 そこは、たかぎさんのゆる~いレポ(^_^) 誰でも明日食べられそうなものばかりというところがいいですね。 この中では、B級冷やし中華と三重…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「自分を動かす言葉」 中澤佑二

ボンバーこと、中澤佑二選手の本です。 サッカー人生の分岐点や節目で影響を受けた言葉と、 それに関連して、ちょっと裏話的なエピソードが書かれてます。 ボンバーはあまり自分のことで説明的な話をすることがないので、 あの時はこういうことだったのか、といろいろわかってよかった。 南アW杯でキャプテンを外された時の話とかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生月割引

あっという間に6月ですよ。 2日はY151の開港記念日で、道すがら花火の上半分だけ見てました(^^;) で、誕生月も終わったわけですが、通販やポイントカードを利用していると 誕生月割引というサービスがあったりします。 だいたいはポイントが倍付いたりするわけだけど、 BK1などは、3000円以上の買い物で500円割引だから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ローカル線で温泉ひとりたび」たかぎなおこ

「ひとりたび1年生」「ひとりたび2年生」の、たかぎなおこさんの新作。 今回は鉄道と温泉めぐり。 (と書いて、過去ログを探したけど書いたはずの紹介記事がない。 私どこにアップしたんだろう??>「ひとりたび1年生」) 内容は、わたらせ渓谷鉄道、道後温泉、越後湯沢とほくほく線、 越前、修善寺、秋田、北海道まで8ルート。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本人の知らない日本語」2

今回も大爆笑! 「作文の題は自由」なので、「それは電気屋で聞いて」みたら 「オミヤーゲ」をもらって、みんなでオヤジギャグを考えた・・・んです(笑) しかし、日本語テスト(P87)で、 「あっと 驚く 料理 自慢」と思いついた自分に不安(笑) 日本人の知らない日本語2メディアファクトリー 2010-02-19…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

このミス季節

もう「このミス」の季節なんですね。 去年のベスト10から選んだ本(海外)も、まだ積んだまま・・・ 結局、読めたのは「ウォリス家の殺人」だけ。 今年のベスト10では特に読みたいものもないので、 これ以上、積読が増えなくてよかった(笑) 篠田さんの宗教ものは迷ったけど、聖域もゴサインタンも挫折したから、 読みきれないと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖くない怖い本

「怖い絵」1~3巻(中野京子) タイトルには「怖い」とありますが、とりあげられている絵画のほとんどは、 誰でも1度は見たことがあるような有名なものが多く、 寓話的な意味の怖さであって、内容は西洋美術解説書です。 あるいは教科書に書かれていない西洋史。 怖いもの見たさの興味はあまり満たされませんが、 世界史が苦手な私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミス・マープル長編第2作

本の感想を書こうと思ったら、肝心の本がない。 「書斎の死体が、どこか行っちゃった」 「踏むといけないから片付けた。」 ということで、「書斎の死体」(アガサ・クリスティ)レビューアップしました。 http://maym.blog2.fc2.com/blog-entry-304.html ミス・マープルはセント・メアリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRICOLORE 2009夏号 -ある団欒

「ほら。新しい会報が届いたぞ。」 「わ~、この表紙、カッコイイね!」 「あ、おじちゃん。 千真は子供の頃からカモメを追いかけてたって書いてあるよ。」 「うん、なかなかコメントするのが難しいエピソードだが・・・、 そのくらい集中してボールを追いかけてくれるといいな。」 ということで、今号も、ここでしか読めないレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本人の知らない日本語」

面白かった。 最初の「たって言ってください」で、いきなり爆笑。 励ましてくれる駐車場にも感動(笑) 日本人がふつうに使っている言葉が、あらためて指摘されるとおかしかったり、 知らないことも多いもんですね。 そんなにいいかげんに決めてたのか>漢字w(゚0゚)w そういえば子供の頃、「ダブる」はdoubleのことだと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスティ再読中

今回は「ねじれた家」。 意外な犯人と言えるんでしょうね。 最初から書かれているヒントがすべて犯人を指し示しているのに、 読み終わるまで気づかない不思議。 読めば読むほど見事ですね。クリスティは。 感想はこちら↓ http://maym.blog2.fc2.com/blog-entry-284.html ねじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典ミステリーを読む「毒入りチョコレート事件」

名前だけは知ってた作品「毒入りチョコレート事件」(アントニー・バークリー) さすがに読み応えあり。 読後にやや不満もあり。 くわしい感想は読書ブログで読んでくださいね↓ http://maym.blog2.fc2.com/blog-entry-283.html この創元推理文庫のオールタイムベストは楽しみなシリーズですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の感想アップ。宮部さんの「おそろし」

本の感想ブログに宮部さんの「おそろし」アップしました。 これも江戸もの。宮部版百物語だそうです。 さすがに語りは上手いですね。 まったくストレスなく読み進められました。 ただ読後感というと、満足とは言いがたいかな。 あくまで個人的感想ですが、もの足りない。 ジュブナイルのように感じてしまうんですよね。 主人公がいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋の三傑の

名古屋というより「尾張の」かな。 ラムさんからお借りしてた歴史もの2冊の感想アップです。 「天地人」は、う~んちょっともの足りないかなと思いました。 あの時代は好きだし、特に上杉、北条、武田あたりは、 かなりハマって調べたこともあるので、固定イメージが出来上がってるんですよね。 それで受け入れられないところが多かったです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「百万の手」 (畠中 恵) 読みました

この本を読むには15年遅かった。 いやもっと・・・(^^;) 裏表紙には「青春ファンタスティック・ミステリ」と書いてあるけど、 「ファンタスティック」という印象ではなかったですね。 もっと重苦しい内容を含んでいます。 主人公は母子家庭に育つ14歳の少年。 その少年の親友の家が放火され、親友は焼死してしまう。 偶然少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドアラのひみつ  かくさしゃかいにまけないよ」

マスコット好きとしては押さえておきたい1冊(笑) 公式ブログもちゃんとチェックしてますよ。 どっちかというと私はパオロンが好きなんだけどね~ (飾りをハイビスカスにしてみました) この本によると、中日の本拠地がナゴヤドームに移り、 公式マスコットとしてシャオロンが登場。ドアラは消滅の危機に瀕していたらしい。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の感想更新

アリスさんの「女王…城」を読んだ。 ミステリーの感想をアップした後に検索で他の方の感想を読もうとすると、 だいたいいつも同じようなブログがヒットするものだけど、アリスさんだけは違う。 ミステリーファンとは別のファン層を持ってるんですね。 そしてこの作家ファン独特の視点の感想が書いてある。 なんか面白いパターンの作家さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅見シリーズ

「幻香」 感想書くほどでもないので、こちらにちょっと。 FCの会報に連載されたリレー小説に内田さんが手を加えて、 というよりほとんど書き直して出版された作品ということだけど、 その通り、まとまりのない作品でしたね。 香水は好きなので、その裏側の話も楽しみにしてたけど、 女性なら知ってる程度のことかな。 事件が途中から変わっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more