夏休み瀬戸紀行

今年の夏休みは瀬戸内へ行ってきました。
8月2日から6日まで、鞆の浦→しまなみ海道→尾道というコース。

鞆の浦はずっと行きたいと思っていた所。
瀬戸内の海上交通の要所なので、いろいろな歴史の舞台になっているし、
江戸・明治期からの古い街並みがほぼそのまま残っているのも魅力です。

ドラマなどでもおなじみ常夜燈。
ロケ風景みたいですね。
画像


医王寺へ登ろうとしたけれど暑さで挫折、
途中の明圓寺からの一望。
画像


宿から見た弁天島と夕日。
画像


2日目は、しまなみ海道と島めぐり。
しまなみ海道空いていて海の上を走る道は気持ちがいいので、
とりあえず今治まで完走して、そのまま逆戻り(^o^)

来島海峡大橋は約4kmの三連吊橋。
画像


下から見るのもきれいなんだけど、
写真撮り忘れて、とりあえず車の中から(^_^;)
画像


多々羅大橋
画像


宿泊は生口島。
平山郁夫美術館、耕三寺、国宝向上寺三重塔が有名。
島はちょっと走るとビーチがあって、それがどこもきれいで、
人は多すぎないという夏には最適のところですね。

しかも日中は暑くても陽が落ちると涼しくなるので
夕方からの散歩が気持ちよかったです。
関東に比べるとなかなか暗くならないしね。

カフェやケーキショップが充実しているのも楽しかったです。

3日目は尾道
千光寺からの新尾道大橋。
画像


千光寺が暑くて近くの尾道市立美術館で休憩したんですが、
ちょうど岩合光昭ネコ写真展を開催中でした。
画像


お守り。
五色の瓢箪とご本尊様。
画像


翌日は境ガ浜のリゾートホテルでまったり。
マリンレジャーのつもりがダウンしてました(-_-;)
画像


ずっと好天続きなのはよかったけど、その分暑かった。
今年の西日本は特に暑かったみたいですね。
もう歩くだけで倒れそうなんだから、やっぱり夏は北行かな~

"夏休み瀬戸紀行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント