ウォーキング・デッド シーズン10 1~9話

「ウォーキング・デッド シーズン10」

シーズン9で、ダリル以外は苦手なキャラばかり残ってて、
さらに10は一番嫌いなアルファ編ということで観なくていいかと思ってたけど、外出自粛で、なんとなく観てみました。

なんというか、最初からダイジェスト版みたい。
主要人物があちこちに散らばってしまったから、
エピソードもあちこちに散らばって、それを追って場面も飛び飛びになるから、
どこで何が起こっているのかわからない。
1度見ただけだと、話の流れがわかりにくいかも。

1話
いきなり明るい海辺で運動会の練習みたいなのが始まって
違うドラマを見てしまったのかと思った(゚0゚;)
今さら1体づつ仕留める訓練しても、
もう単独行動のウォーカーは子供でも退治できるレベル。
脅威じゃないのはわかってるのに。

そして、"囁く者"は冬の間は姿を消していたらしい。
まあ、あの雪の中では野宿は出来ないだろうから当然かな。

海辺はいいよね。魚がいるし、水の中に逃げられるし、
ネズミ食べるよりは魚や貝のがずっといい。
その海辺で"囁く者"のマスクが見つかるのが導入部。

2話
アルファの過去。あんまり興味ない。

3話
毎日ウォーカーの群れが押し寄せて応戦に忙しい話。

4話
その続きだけど、追い詰められてみんな判断がおかしくなってる…
リディアが町の若い者に襲われてニーガンが助けるんだけど、
こういうのはダリルの役目だった気がする。
ニックがいないとダリルが正論派になって、そこはちょっと残念。
その分、アウトロー的なのがニーガンなのかな。

こん棒おじさんも嫌いだったけど、ずいぶん大人しくなったものです。
・・・と思ったら5~6話では、脱走して"囁く者"に接触。
ニーガンは本格的に"囁く者"に加わるらしい。

7話
アレクサンドリアでは謎の病気が蔓延。
犯人はセディクの助手。彼は"囁く者"のスパイだった。
そして、この頃からキャロルが大暴走~大迷走~

8話
ゲイブ、やっぱり怖い・・・
アレクサンドリアに逃げてきたメアリーの情報を信じてウォーカーの大群を探しに行くけど、すでに移動した後。
でも案の定、キャロルが暴走して洞窟に閉じ込められる。

9話
ずっと洞窟のシーンだけど、暗くて長すぎ!
最後もやっぱりキャロルが暴走してコニーとマグナが埋まる。

前に、ニックがキャロルに「君が理解できない」って言ってたけど、
私も理解できない!
聖域との戦いではあんなに強かったのに、髪が伸びたら弱くなった。
キャロルはシーズンによって、キャラが変わりすぎますね。
基本的に情緒不安定なんだけど。

ウォーキング・デッド シーズン10

2020000.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラム
2021年03月10日 20:51
kigiさん、ご無沙汰してます。
「ウォーキングデッド」観ている仲間がいて嬉しい♪
といっても、シーズン10はまだ観ていませんが^^;

最初の頃は人間とゾンビの闘い、
ゾンビの世界でのサバイバルが面白いし、
濃厚なキャラがいたけど、
シーズン7でグレンが殺され、
シーズン8でカールが亡くなって、
9で主人公のリックが消えてしまってから
どうでもいいやって感じで、
ただ成り行きを見守ってます。

今、中国ドラマにはまっていまして、
米ドラマは失速中。
観たら語りあいたいです。
kigi
2021年03月11日 19:37
ラムさんも見てるのね。
私も仲間がいて嬉しいです

私もS7の1話が衝撃過ぎて、
グレンの最期も悲惨すぎて見るのやめてたんだけど、
ドラマ自体そろそろ終わるらしいし、
家にいる時間も増えたから、また見てます。

そうそう、ゾンビとの闘いはスリルもあって面白かったけど、
人間同士の闘いは見ててきつい。

ああいう世界だから自分が生き残るために
他人に残酷になるのはわかるんだけど、
それを楽しんでやるのは嫌だな~。

ニックがいないと、やっぱり締まらないよね。
そういえばグレン、カール、ジーザスも含めて
正論派がいなくなったのも物語の多様性がなくなった原因かも。

私はアウトロー系が好きだけど、
それは正論派がいるからカッコよくなるわけで、
ダリルが学校の先生みたいなことを言うのは残念でした。

中国ドラマも、そんなに多くないけど見てますよ。
なにか面白いドラマがあったら教えてね。