韓国ドラマ「イニョン王妃の男」

韓国語だと「彼氏」とか「彼女」ではなくて、「○○の男(女)」なのね。
なんか日本語訳だと直接的な気がしてしまうけど。

ちょうどLaLaTVで始まったので、なんとなくまた見てますが、
いきなり現代にタイムスリップして、びっくり目のブンドくんがかわいい♪
最初に見た時は、そうは思わなかったんですけどね・・・
なんか主役にしては地味だな~と(笑)

もちろん慣れるとかわいく見えてきたんですけどね。
後半のヒジンとのラブラブデートシーンはニヤニヤ
キリっとした表情もカッコよかったわ~


ストーリーは、肅宗時代の官吏が現代にタイムスリップして、
売れない女優チェ・ヒジンと恋におちる話。
その時、ヒジンが演じていたのがイニョン王妃役ということで、
運命の結びつきなんだろうけど、そのあたりの説明はなし。
タイムスリップの説明もなし。

難しいことは気にしないで、ロマンスの世界にどっぷり浸ればよいのです♪
宝塚のような少女マンガのような甘々のお話。

歴史部分はけっこう端折ってあるけど、
韓国時代劇ではおなじみのチャン・ヒビンの時代だからわかりやすい。
ただ何回も行ったり来たりして、その度に過去の歴史と現代の関係が変わるから、そこだけはちょっとややこしいかな。

まあ、過去のシーンはブンドさんをかっこよく見せるだけのために
描かれているようなものだからいいんだけど(^o^)

現代に来た時はちょっとボケてしまうブンド氏も、
本来の世界に帰れば世のため人のために命がけで戦う人。
このギャップもいいのです。
歴史上の人物にハマった経験がある人なら、この感覚はわかると思う。

でも、最初のころはまさに命がけでタイムスリップしてたけど、
途中からやけに簡単に行ったり来たりしてるのよね。
帰るときお札を読むだけでいいみたいだけど、
来るときは、やっぱりその度に死にかけてると思うとこわい・・・

上にも書いたけど、キム・ブンドがタイムスリップするのは完全にお札任せで、
そのメカニズムは全く説明されないし解明もされない。
だからこそ、次に会える保証が全くない恋愛。

恋は障害が大きいほどドラマチックになるわけだけど、
300年の時空の隔たりは決定的な障壁。
人の力ではどうすることもできない。
二度と会えないかもしれない恋はつらい・・・

ラスト2回は自分であきれたくらいずっと泣きっぱなしでした・・・
終わり方もよかった。

1話が47分くらいで、地上波でもノーカットで見られるところもいいかも。
最近、無駄なシーンが多いドラマが増えたような気がするから。


Amazonアソシエイト by イニョン王妃の男 DVD-BOXI の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年11月08日 10:25
こんにちは~kigiさんヽ(^o^)丿
おかげさまでものすごく面白く鑑賞させてもらいました。
教えてくださってありがとう(*^_^*)

kigiさんもやっぱり泣かれました?
私も泣けて泣けて~でした!
釣られて泣いたって感じでしょうか。
ラストはほっとしました。
あの強引さも好ましかったです。

お札の能力の説明、一切しなかったので
そこが良かったのかも。
説明的になると余計にややこしく
また矛盾などが生じてくるのかも。

タイムスリップもの、たくさんありますが
いまのところハズレなし。
Gyaoで見始めた中国ドラマ「宮廷女官ジャクギ」もそう。
これも面白いです。

kigi
2013年11月08日 20:08
shortさん
楽しんでいただけて私も嬉しいです。
これと「最高の愛」は、今まで薦めたみなさんに大好評で、もう韓ドラ鉄板ラブロマンスですね。

そうそう、泣くよね~、このドラマ。
冬ソナでまったく泣かなかった私も、
(他の方々は大泣きしたらしいけど)
このドラマでは涙涙・・・
なんでこんなに泣いてるんだろう?と
我に返って呆れたくらい(^_^;)

キムブンドもヒジンも、2人とも真面目で純粋で自分の感情に素直だから、こちらもストレートに感情移入できたのかと思ってます。

>「宮廷女官ジャクギ」
聞いたことないタイトルだと思ったら中国のドラマなんですね。
φ(..)メモメモ

タイムスリップものといえば、
「屋根裏…」は挫折しました、私・・・

この記事へのトラックバック