韓国ドラマ「太陽を抱く月」

先々週までNHKBSで放送されていたドラマですが、
録画をやっと見終わりました。

舞台は朝鮮王朝時代だけど、ストーリーと登場人物は架空のもの。
公式サイトには「ファンタジーロマンス史劇」と書いてあったけど、
呪術とか出てくるから、伝奇ロマンという感じかしらね

主人公が若いこと、ミステリアスな設定などから、
昔々、NHKで放送していた少年ドラマシリーズなど思い出しました。

基本のストーリーは、記憶を失った恋人を取り戻す話だから、
韓国ドラマの王道中の王道なんですけどね。


時代は成祖王の治世、重臣ユン・デヒョンは外戚として権力を確立するために、自らの娘ポギョンを世子嬪にしようと企む。

けれど、少年の世子にはすでに心に決めた少女ヨヌがいた。
成祖はユン・デヒョンの権力を警戒し、ヨヌを世子嬪とすることを決める。
しかし正式に世子嬪になる前にヨヌは呪い殺されてしまう。

それから8年後、ヨヌは記憶を失いながらも生きていた・・・


子役時代は楽しく見ていたんですが、
本役の2人がどうもなじめなくて、視聴が止まってました。

今回、完結したので、まとめて見たんだけど、
いろいろな意味であまりにもきれいに整ったドラマなので、
個人的に萌えるポイントがなかったかな・・・

というか、実は「イニョン王妃の男」を見始めてしまって、
こちらは萌え萌えドラマなので、比べるとどうしても印象が薄くなってしまったというのもあるかも(^o^)

太陽を抱く月 DVD-BOXI
バップ
2013-04-24


Amazonアソシエイト by 太陽を抱く月 DVD-BOXI の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ネタバレ↓

・他のドラマだったら、巫女が「ポギョンは世継ぎを産みません」と見立てたら
大妃は説得できたわね。

・最終回、
閉じ込めて皆殺しってクーデターを起こした側の戦法でしょうと思ったけど、
実権を握っていたのがユン・デヒョンだから、王のクーデターで正解か。
でも、おっさんの文官達にしては強かったぞ。

・ヨヌが世継ぎを産む前に陽明君が死んではダメでしょ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

short
2013年06月30日 14:47
「太陽を抱く月」はわたしは結構一生懸命見てしまいましたよ。
たしかに、文官が強くてそこは私も突っ込みました!(笑)
軍隊よりも強いってか(笑)
なんか、血みどろのラストで、その割りにあっさりハッピーエンドなんて
ちょっと疑問を感じました。
でも、ハッピーエンドじゃなかったら、それはそれで不満だったでしょうけど。

王様がだんだんカッコよく見えて、萌えたんですけど、
キムソヒョンくんはあれが初主演のドラマみたいですよね。
で、それよりも萌えるのですか?「イニョン」
今度BSTBSで放映があるので、kigiさんのオススメなら見ようかな♪
テレビ放映で、またオススメがあったら教えてくださいね。
オムテウンの「魔王」と「成均館スキャンダル」は録画しようかなと思ってます。
「アラン使途伝」見ましたか?
私まだ1話見ただけで、あとは全然見てないのです。
kigi
2013年06月30日 23:28
悲惨なラストなのに主人公はハッピーエンドって
韓国ドラマには多いような気がしますね。

最初に見た韓ドラがそうだったんですよ。
相手を徹底的に追い込んで破滅させて、
「あ~よかった。これで幸せだね」という感覚に
かなり違和感を感じました。
まあ、そういう日本のドラマにはない感覚にハマったとも言えますが。

とてもきれいで完成されたドラマだと思うけど、
もう少し猥雑なところがあってもよかったかなと思ったりしてます。

「魔王」も違和感が残るドラマだけど、
チュ・ジフンの目はよかった(^^)

「イニョン王妃」は完全に少女マンガ。
宝塚で上演してほしいと思うくらい。
いろいろ突っ込みどころも多いけど、
それは置いておいて、
夢物語のラブロマンスとして楽しめます。

アラン使道伝は私もまだ1話だけ。
そろそろ見始めるか、終了してからまとめて見るか、
悩んでるところです・・・
short
2013年07月11日 11:57
kigiさん、こんにちは。暑いですね!
暑くて本を読む気が起きず、韓ドラばっかりみています。
「イニョン王妃」2話まで見たけど、とっても面白い!!主演の男はイマイチ好みじゃないけど
女の子も可愛いですし、ときめく予感がします(笑)
教えてくださってありがとうヽ(^o^)丿
あと、BSで放送中の「成均館スキャンダル」と
「ブレイン」にはまってます。
「ペクドンス」も見てるけど、キャラクターたちの
行動が意味不明すぎます。
わざわざ報告しなくてよさそうだけど、しちゃいます(笑)
kigi
2013年07月11日 21:19
shortさん
暑いよね~~
もうバテバテで何する気力も湧いてこない´ヘ`;

報告大歓迎よ(^_^)
私が参加してた韓流コミュが1年半前に解散して
最近あんまり韓ドラの話をすることもなかったから
久しぶりで楽しいです♪

「イニョン王妃」のことも書こうと思って1話から見返してるんだけど、まだ途中で。

ヒジンのユ・インナは「最高の愛」で憎たらしい役をやってたから、あんまり好きじゃなかったけど、このドラマでけっこうかわいいかも…と思い始めました(笑)

ブンドくんは、最初、どう見ても主役の顔じゃないと思ったけど、見てるうちに慣れました(笑)

「ペクドンス」はやっぱりダメでした。
ホント、意味不明の行動が多いよね。
私はドンスがジソンに火をつけたところで見限りました。
いくらなんでもむちゃすぎるし、ありえないわ。

「成均館スキャンダル」もダメでした。
「美男ですね」とか、かわいい女の子の男装物は苦手。
かっこいい女性の男装物はOKなんだけどね。

「ブレイン」は見てないです。
イニョン王妃の再視聴が終わったら、
アラン見ようかと思ってます。
面白いといいな・・・
ラム
2013年09月19日 22:35
kigiさん、こんばんは
やっと「太陽を抱く月」制覇しました。
話が見えてきた時点でやめようかと思いましたが、夫が見ていたので、つい横目で・・で、最後まで見続けたら以外に面白い。どこか懐かしい感じがするのは、韓ドラを観始めた10年前を思い出しました。
呪い、記録喪失、純愛、架空の舞台、美しすぎる設定は韓ドラマの王道ですよね。
私もラスト、武官が強すぎるのには驚きました。その前にも、案外記録が戻るのも早すぎ^^;
ただ、回り道が少なく、20話でまとめたのがよかったかも。それ以上は耐えられないデス^^;
次はイニョン王妃の男を観ます。

kigi
2013年09月20日 21:27
ラムさん、こんばんは。

「太陽を抱く月」、最後まで見たのね。
私も一応全話見たんだけど、なんというか、
あっさり終わったという気がして、
個人的に盛り上がるポイントが見つからなかった。

映像もストーリーとてもきれいだし、
見やすいドラマだとは思うけど、私はもっと理不尽な展開や唐突な事件なんかがあった方が好きかも…

もっと耐えて悩んで苦悩してほしかったわ~(^_^;)

イニョン王妃の男は苦悩してますよん(^o^)
2013年09月24日 07:19
kigiさん、おはようございますヽ(^o^)丿
らむちゃんのBBSにも書いたけど
韓ドラのブログまで作っちゃいました(^_^;)
またお暇があれば時々覗いてやってください。
よろしくお願いします。m(__)m

もう、まともに本も読めませんよ。
寝る時間が惜しいくらいで、ずっとドラマ見ていたい。
まさに廃人。どうしよう(笑)

「シンイ」はとってもとっても好きだけど、キスシーンがあんまりなくて残念だったんです。
でも、「イニョン王妃」はその点魅せてくれますね!
ドキドキしてしまいます。年甲斐もないけど(笑)
あの俳優さんたち、実際にもカップルになったとか?
ブンドくんは笑顔が可愛いです。
「成均館」(kigiさんはリタイヤされたけど)のユチョンは最後まで見ててもキライな顔だったけど、ブンドくんは好きになりました。
kigi
2013年09月24日 21:38
shortさん
韓ドラブログ、さっそく見てきましたよ♪
ブログまで作ってしまうとは、
本格的にハマったんですね(^o^)

でもわかるわ~
私も10年前は韓ドラブログ作ってたからね。
今は亡きseesaaブログ。
あの頃はドラマ見ると各話感想まで書いてたから、ほぼ毎日更新という今では考えられない勤勉さでした(笑)

実は今もこっそりあるんだけどね。
HPを閉じたときのためにドラマ感想だ移そうと思ったんだけど、途中で飽きてもう2年くらい放置。
また復活させようかとも思ったけど、今は各話感想書く気力もないから、また放置になりそうで悩んでます(^_^;)

ブンドくん、最初は主役の顔じゃないよ~と思ってしまったんだけど、見慣れてくるとかわいくなるよね。

「イニョン王妃」のキスシーンはコワク的よね。
「これ本気だよね」なんて話してたら、
熱愛報道が出たから納得してしまいました(^o^)

韓国ドラマのキスシーンは濃厚だけどいやらしくなくて、でもセクシャルで、ぎりぎりで踏みとどまってる感じがいいです。
まあ、そうじゃないのもあるけど(^_^;)

もうすぐファントムも見終わるし、意外に早く涼しくなったから、そろそろ更新再開します(^o^)

この記事へのトラックバック