「愛の運命ー暴風前夜」 韓国映画

「赤と黒」の流れで見たキム・ナムギル主演の映画なんですが、
これがなんとも破滅的な映画でした。
どうしようもなく絶望的で悲壮感に溢れ、この世の終わりのように無言・・・

韓国映画は数えるほどしか見てないけど、いつも救いがない。
どうしてここまで絶望してるんだろう・・・

この映画もイメージビデオのような実験映画のようなわかりにくい作品ですね。
ものすごく好き嫌いが分かれるでしょう。

私は苦手なほう。
すべてをセリフで説明する映画を批判したことはあるけど、
だからってセリフが少なければいいというわけでもないのは当然で、
「赤と黒」の前半でも感じたけど、なぜしゃべらない??(笑)

ヒロインのミアは勝手に惚れた男サンビョンに襲い掛かって付き合い始めたけど、
そのサンビョンに恋人がいるとわかって怒る。
まあ、その恋人が男だったりするからショックだったのかもしれないけど、
勝手に惚れて迫ったのはあなたでしょう、と言いたくなった(^^;)

で、怒りに任せて猟銃を買い込んで、その恋人に突きつける。
そこへやってきたサンビョンに「誰を愛してるの?」と詰め寄るんだけど、
サンビョンが銃を取り上げようとしたから、驚いたミアが発砲。
恋人は死に、サンビョンは猟銃を持って自首。

ここまでミアとサンビョンの愛し合うシーンがないから、
ミアの悲劇が伝わってこなかったんですよね。
ミアの思い込みとしか見えなかった。

サンビョンが服役した刑務所にいたのがキム・ナムギルのスイン。
妻殺しの冤罪で服役中だけど、なんとしても妻の不倫相手である真犯人を捕まえて冤罪を晴らしたいと思っている。
そのために文字通り命をかけた方法で脱走。
でも浮気相手は死んでしまい、残ったのは限られた命のわが身だけ。

そこでスインはサンビョンに聞いていたレストランに行き、ミアと出会う・・・

出会っても特に何があるというわけでもなく
ふたりの生活が淡々と、でも美しい映像で描かれていく。
ここが重要なところだと思うんだけど、ダイジェストのように途中がすっ飛ぶので、
見てるほうの感情が付いていけませんでした。

映像はたしかに美しいんですけど、紀行番組のような美しさで、
それがこの2人と何が関係あるのか?と首をかしげてしまいます。
この2人の"暴風"を描くなら、むしろ悲惨な映像の方がいいのではないかと思ってしまう。

やっぱり私のような単純な人間には向いてない作品でしたね。

見終わったあとにDVDの宣伝を見ていたら、
スインは、「前途有望なシェフ」が「信じた愛に裏切られ」と書いてありました。
そ、そうだったのか・・・、やっとスインの背景がわかった~
でもこういうことは映画の中で描いて欲しいと思うけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラム
2011年10月08日 22:32
kigiさんも観たんですね。
私もナムナム目当てで、一週間のレンタルを待ってやっと観ました。

そうそう、この映画、破滅していたよね。本題に入るまでが長すぎ。脚本、編集がヘタな映画だなと。
最初、脱獄の話かと思ったので、これは面白そうと思ったら、前半の話とは全然違う。それも時間の流れはどうなっているの?あっという間に3年と思ったら、しらけてしまいました。

「赤と黒」同様、ナムナムはミステリアスな役を演じるのが上手いのが救いでした。
kigi
2011年10月09日 00:54
はい。
私もナムナム目当て見ましたよ♪

主演ということで楽しみに見たんだけど、
ストーリーがわからないというより、"ない"。
人物背景もわからないし、感情を表すシーンもない。
本当に下手な総集編みたいだったね。

除隊してから彼の魅力全開の作品が作られることを期待するわ。

この記事へのトラックバック