韓国ドラマ 「善徳女王」

新羅初の女性の王が即位するまでを描いた作品だそうで、時代は7世紀。

各話感想は↓でどうぞ
5話から
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/blog-entry-85.html
善徳女王カテゴリー
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/blog-category-4.html

朝鮮半島の古代史は知らないけれど、あの衣装はかなりデフォルメされてるよね。
それが異空間的雰囲気を醸し出してるんでしょう。ゲームか西域ドラマのような。

第一印象は、お金かけてるな~ということ。
歴史ものは戦闘シーンで製作側のやる気を判断できることが多いですが、
兵士の人数も多いし、大掛かりなセットも作って撮影してますね。

敵役になる妖艶な美女「美室(ミシル)」をコ・ヒョンジョンが演じています。
天平風美人の悪役って珍しいかも。でも、ものすごい存在感があります。
このミシル、3代の王の後宮に仕えたという、つわもの(笑)

まず王の側室になり、王が亡くなると、その息子の妃になろうとして失敗。
次に最初の王の孫の妃の座を狙う。しかも他に夫も子供もいるのです。

なんとなく藤原薬子を思い出す女性ですね。
王という座にある男性は、母親のような女性に惹かれるところがあるのかも。

現在9話まで放送されていますが、全体にとてもしっかり作られているようです。
これまでチャングム以外の歴史ものは全部挫折してたんだけど、
これはファンタジーっぽい感覚で見られそう。
深刻なドラマというより活劇風です。

それにしても、いつまで男のふりをするんだろう?
子供の頃はいいけど、もうかなり無理があると思う・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック