古典ミステリーを読む「毒入りチョコレート事件」

名前だけは知ってた作品「毒入りチョコレート事件」(アントニー・バークリー)
さすがに読み応えあり。
読後にやや不満もあり。
くわしい感想は読書ブログで読んでくださいね↓
http://maym.blog2.fc2.com/blog-entry-283.html

この創元推理文庫のオールタイムベストは楽しみなシリーズですね。
ぜひチャーリーチャンシリーズも再版してほしいです。

毒入りチョコレート事件 (創元推理文庫 123-1)
東京創元社
アントニイ・バークリー

ユーザレビュー:
デクスター、ブランド ...
謎解きに重点を置いた ...
アンチ・ミステリの芳 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


毒入りチョコレート事件
楽天ダウンロード
不可解な殺人事件の解決に乗りだす犯罪研究サークルの6人の会員たち。それぞれが得意にするアプローチに頼


楽天市場 by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック