「百万の手」 (畠中 恵) 読みました

この本を読むには15年遅かった。
いやもっと・・・(^^;)

裏表紙には「青春ファンタスティック・ミステリ」と書いてあるけど、
「ファンタスティック」という印象ではなかったですね。
もっと重苦しい内容を含んでいます。

主人公は母子家庭に育つ14歳の少年。
その少年の親友の家が放火され、親友は焼死してしまう。
偶然少年の手に残された親友の携帯電話に、死んでしまった本人からメッセージが届く。
それは不審火の謎を解いて欲しいという頼み。

使者からのメッセージという不条理で始まるけど、
謎解きの過程はふつうの推理。
ただ近未来的ではあります。

要するに「君は君のままで充分価値がある」というお話です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック